カラコンを楽しく使用する

カラコンの外し方

目に異物を装着するなんて、はじめてカラコン体験をする人たちは、ちょっとした恐怖感を持っているかもしれません。しかし、多くの人たちがカラコンを楽しんでいらっしゃいますし、そのような思いは、すぐに慣れてしまうことなのです。しかし、最初はカラコンに戸惑うこともあるかもしれません。

カラコンの外し方も、ちょっとした慣れは必要であり、カラコンが目に貼り付いて取れないという体験をしたことがあるという人たちも多くいます。そのようなとき、無理にコンタクトレンズを取ろうとする行為はとても危険です。目をコンタクトレンズや指で傷付けてしまう可能性がありますし、コンタクトレンズを傷つけてしまうかもしれません。

まず、カラコン初体験という人たちは、カラコンの外し方や、取れなくなってしまったときの対処の方法など勉強する必要があります。まず、カラコンの正しい外し方です。一番大事な心構えは、手を清潔にするということです。ゴミや雑菌の付いた手でコンタクトレンズや、目をいじってしまうことで、目が次第にゴロゴロして来たり、病気の原因となってしまうことになります。ただ、水で手を洗うだけでなく、石鹸を使って洗う習慣を持ちたいものです。

まず、最初の頃は、鏡を前にしてレンズの位置などチェックをしてください。コンタクトレンズが確認出来たら、利き手の中指を使って、下まぶたを引き下げてみましょう。 そして、同じ手の人差し指を使って、コンタクトレンズを黒目から少しだけ下へずらします。カラコンを外す際に、誤って角膜を傷つけてしまう危険性があり、それを予防するためです。

そして、そのまま人差し指に親指を添え、そっとカラコンをつまむようにして外していきます。そのとき、爪をたてないように意識をしてください。指の腹を使うという意識をもって行いましょう。カラコンを扱うときは、石鹸で手を洗うことと同時にしっかり爪を切ることも忘れないで行うようにしましょう。

そして、更にカラコンがなかなか取れなくて困ったという体験をしたことのある人たちもいます。そのようなときは、無理にコンタクトレンズを外すようなことはせずに、目薬など使用をすれば、なんとかコンタクトレンズが外れやすくなります。たくさん目薬をたらして、目とカラコンの間に水分を充分に行き渡らせてください。そのようなときこそ、焦りが禁物です。それでも上手くいかないときには、眼科へ行くことも頭に入れておくようにしましょう。

最新投稿